カラス撃退にはその習性を押さえることが大切

subpage01

カラスは学習能力に優れ、人間の顔を記憶することができる鳥として知られている存在です。街中でもゴミを漁ったりすることも多く、しかも基本的に憶病な鳥ですが、たまに人間を襲うこともあり、忌み嫌われる鳥となります。

カラス撃退方法には幾つかの方法が存在しますが、カラスは学習能力があること、また記憶力も良いことで自分に危害を加えない安全であると認識すると撃退効果もなくなるのが特徴的です。



カラス撃退グッズの設置は、一時的な効果が期待できますが、長年使用し続けても安全だと認識されるとその効果もなくなります。カラス撃退を本格的に行う上では、まず歩いていて危険を回避する方法としては4〜7月の雛の子育てをするシーズンにかけてが要注意となります。
巣の近くを通り過ぎようとすると雛を守るために攻撃や威嚇行動をするため、巣から離れることが大事です。

T-SITEについての情報を簡単に探すことができます。

人間を襲うケースでは、後ろから襲うことが一般的で襲い方も嘴よりも足で攻撃をしかけてくるパターンが多くなります。つまり襲われる場合は後頭部を守ることが重要です。
後頭部を傘などで守ると効果的で、目の前から襲ってくることはないので、傘をさして歩くことは効果的となります。



またゴミ置き場対策には、CDやDVDなどといったキラキラ光る物をゴミ置き場の周辺にぶら下げておくことも効果がありますが、場所を定期的に変えておかないと位置を記憶しているため効果が薄れてしまいます。


他にもフクロウのグッズで首が動くタイプのものが存在しますが、フクロウもカラスの天敵でもあるため、撃退効果が期待できます。

ポイントは単なる人形ではなく、首が振れる点でこれは振れることで生きているように認識されるため、撃退にも優れています。