カラス撃退ハシブトカラス編

subpage1

カラス撃退の方法と対策は、カラスの特性を知っておくと便利です。
カラスは数種類いますが、主に目にするのはハシブトカラスとハシボソカラスの2種類です。都会のごみ場を漁っていて大きなくちばしを持ち大型なのがハシブトカラスで河原や休乾季の田んぼなどで歩き回っているほっそりしたくちばしをもつ少し小さめなのがハシボソカラスです。

都会で怖がられるのが主にハシブトカラスで人を襲ったりする映像をテレビで流したりしていますが、実はカラスはスズメよりも警戒心の強い鳥なのです。



人を襲うという事は基本的にしません。あれは、近くに巣があり、子供を守るために威嚇しようとして目測を誤り、足や羽が人に当たってしまっただけなのです。という事は近くにある巣を撤去してしまえば、その巣で育つカラス撃退になるわけです。


ですが、一つ撤去したとしても他の場所にまた巣を掛ける可能性がありますので、あまり効率的にはよくありません。カラスは巣の他に寝床を持っています。

最先端のNAVERまとめに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

ハシブトカラスは人間が起き出す前に起きてゴミ集積所へおもむき、餌を探します。



ハシブトカラスは貯食という行動をとります。ビル屋上のエアコン室外機の下や、看板の裏、貯水タンクの下などに漁ってきた餌を隠します。

という事は、カラス撃退には主な餌であるゴミを徹底的に守れば良い訳です。

カラスより先にゴミを収集してしまった地域ではカラスは激減しています。朝早くの労働は人間の負担も大きいのでごみ袋を完全に覆うネットなどを利用するのも良いです。


関連情報

subpage2

日本でよく見かけるカラスにはハシブトカラスとハシボソカラスの2種類が主にいます。ハシブトカラスはくちばしも体も大きく、ハシボソカラスはくちばしがほっそりしていてハシブトカラスよりは小柄です。...

next

身に付けたい知識

subpage3

カラスは学習能力に優れ、人間の顔を記憶することができる鳥として知られている存在です。街中でもゴミを漁ったりすることも多く、しかも基本的に憶病な鳥ですが、たまに人間を襲うこともあり、忌み嫌われる鳥となります。...

next

知りたい生活事情

subpage4

効果的なカラス撃退の方法を考えるのは難しいです。なぜなら、カラスは学習能力の高い動物ですから、一度学習してしまうと、効き目がなくなってしまうことも多いからです。...

next

学びたい知識

subpage5

田舎にしかいないというイメージのあるコウモリですが、意外と市街地や住宅街でも多く見かけます。国内では「イエコウモリ」という種類のコウモリが、家の屋根裏や軒下に住みつき、様々な被害を起こしています。...

next