コウモリ駆除を業者に依頼した時の流れ

subpage01

田舎にしかいないというイメージのあるコウモリですが、意外と市街地や住宅街でも多く見かけます。



国内では「イエコウモリ」という種類のコウモリが、家の屋根裏や軒下に住みつき、様々な被害を起こしています。

特に屋根裏に住みついてしまうと、糞尿の被害は深刻です。


コウモリが持つ細菌による、感染症も気になります。
もし、コウモリが住みついてしまったら、早めに対策する事が大切です。コウモリ駆除を専門に行う業者に駆除を依頼する場合、まずは問い合わせから行います。


電話だけでなく、メールでも相談・依頼を受け付けてくれる所もあるようです。

YOMIURI ONLINEに関する疑問を解消してください。

依頼したら、現地調査を行う日程を決めます。

現地調査当日は、どこからコウモリが侵入しているのか、また被害の状況などを調査員が詳しく確認します。

この現地確認は無料という、コウモリ駆除業者も多いようです。調査が終わったら見積書が提出され、納得できたら契約となります。

コウモリ駆除の本番では、コウモリを家の中から追い出す為に、超音波を出す機会を使うケースが一般的です。



コウモリは法律で捕獲したり、危害を加えるのは禁止されている事から、駆除する時は追い出し作業が基本となります。

追い出しが終わりコウモリがいない事を確認した後は、コウモリの侵入口を塞ぐ、フンや尿の掃除・殺菌という流れとなります。


コウモリ駆除は高い所での作業が多くなります。
安全性の事を考えるのであれば、専門業者に依頼しましょう。